• 稲次真樹子

もはや昭和ではない

勤怠管理システムを導入する。

クラウドなので、

どこからでもアクセスでき、

社保手続きや給与計算ができる。

そして、

共有サーバもクラウドにする。

どこからでも仕事ができる。


ということは、

社員が増えるからといって

広い事務所に移る必要はない

のではないか?


また、

例えば育休などの事情で

限定された時間しか働けない

優秀な方も、

この方法なら

雇えるのかもしれない。


コロナ禍での間、

オンライン会議を

多くこなしてきたが、

リアル会議との違いがわからないほど

問題なく過ごせてきた。

少なくとも私にとって。


仕事が急激に増えてきて、

人手が足りないていない

このタイミングこそ、

思い切った試みをするチャンスだ。


もはや昭和ではない。


今まで行ってきた当たり前を

疑ってかかろう。


すべては業務の効率化、

生産性をあげるために。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求人