• 稲次真樹子

年次有給休暇の管理

たいがいの中小企業は、

社員の中途入社が当たり前、

なので、

年次有給休暇の管理が、

かなり大変な状態になっている。


「年5日の年次有給休暇の取得」

義務化が2019年4月。


労基法通りに運用している場合、

2020年5月25日入社の場合、

年休の付与日は11月25日で、

2021年11月24日までに

10日の年休を付与して、

その間、

年休を5日間取得させる

という個別管理、

30人以下の企業であれば、

辛うじで出来るだろうが、

しかし、

どこかで

ミスカウントもでてきそう。


施行当時、

年次有給休暇の一斉付与方法について

分割付与の場合とか、

ダブルトラックを回避する方法とか、

いろいろな方法が出回っていた。

しかし、

結局、

就業規則に落とし込むことなく

個別管理で凌いできて、


やはり個別管理は手間もかかるし、

ミスカウントする可能性もあるし、

大変だね、


ということで、

施行から2年以上たったいま、

年次有給休暇取得のルールを

就業規則に落とし込むために、

いくつかのケースを

あたふたと考え、

提案する準備をしているのは、

私だけだろうか。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求人