• 稲次真樹子

電子申請の恩恵

10月に更新時期を迎えるA社の36申

請、今月初めに会社から法人印を受

け、郵送で所轄労基署へ送った。

今月中旬、同封した返信用封筒によ

り戻ってきたその内容は、「今年4月

より新フォーマットに変わりましたの

でもう一度提出してください。」

との内容。


A社は、大宮に本部があり、支店が仙

台にある。ここ(東京)から郵送で大

宮に書類を送り、戻ってくるのを待っ

てその後、大宮、仙台の労基署へ郵送

となると9月の提出は物理的に難しい。

では、忙しい社長と日程調整をし大宮

へ法人印を受けに行き、その後それぞ

れの労基署へ郵送で送るのか。

社長と私の時間をこのためだけに?

虚しい問いかけを心の中で繰り返す。


翌日、同業者仲間とオンライン懇親会

があり、話題は電子申請に移った。

「36申請を電子申請したときに~」

「えっ?」心の中で呟く。

「そうだ、電子申請は36申請もでき

るんだ。気づかなかった。」

と手をたたいた。


電子申請は雇用保険と社会保険とい

う思い込みで、36申請まで思いが巡

らなかったことを反省し、次の日に申

請をしてみる。すると翌日の朝には

承認され完了通知がきた。


離れた事業所だと、移動時間や郵送

等で、時間や費用のかかる作業が、

電子申請では、あっという間にでき

てしまう。


処理が遅いとか返戻されたのがわかり

にくいとか、突っ込みどころもあるこ

の申請手段ではあるが、今回は大いに

恩恵を受けた。


コロナ禍の問題もあるし、

今後は、労務に関する処理は、なるべ

く電子申請で行っていきたい。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示