• 稲次真樹子

夏の陣

会社宛に、A4緑の封筒が届く季節。

労働保険料の申告業務がスタート。

算定基礎届、賞与計算に

通常の給与計算も加え、

事務手続きのオンパレード。


これを、

社労士夏の陣というのだとか。

ちなみに、

社労士冬の陣は、

年末調整業務のことを言うそうだ。


先月末から、

事務所の電話や携帯が

かなりの頻度で鳴り響き、

心拍数もあがりがち。

しかし、お客様と話をしていると

元気がでてくる。

何年も一緒に仕事をしていると、

阿吽の呼吸みたいなものも構築され

お客様の成長や、

自分自身の成長も

感じたりして、

仕事が好きだな、と思える瞬間だ。


会社員の頃には

感じることが出来なかったこの感覚。

組織でやらさせることと、

自分でやっていくことの

モチベーションの違いなのか。


とにかく、

忙しくはあるが、

愉しくもある。


ここら辺を細かく言語化できたら

改めてブログに書きたい。


ともかく、

2022年の夏の陣は始まった。

7月中にはケリをつけて、

でも、それらに忙殺されないよう、

事業計画、マーケティングや営業も

同時進行で頑張っていきたい。


加えて、6月申請の助成金も

2つある。

計画的に、迅速に、いきたい。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示