• 稲次真樹子

BCP(事業継続計画)


人と同じではいけない。

同業者と

同じことをしていてはいけない。


手続業務、就業規則作成のループから

少し離れたところで

業務全体を俯瞰してみることは大切。


労務や経済のニュースを読むことに

時間をかけてみたり、

関与先との雑談を意識したり、

経営者の集まりに顔をだして、

会話を楽しんでみたり、


そのような中で、

昨今の情勢を汲み入れながら

これはいけるのではないかと

導きだした一つの解は、

BCP「事業継続計画」の策定業務。


社労士業務とは

少し毛並みが違うのかもしれないが、

例えば、

事業を継続させる重要業務として

給与計算は欠かせず、

BCPに組み入れるべきものだ。


思いつくことは私でなくてもできる。


大切なのことは、

BCPを事業化して、

顧客の役に立つこと。


忙しいを言い訳にしてはいけない。

事業化に向けて、動き出そう。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

求人